お勧めのテニスボールを紹介

テニスボールは種類が多いですし、人それぞれ打球感の好みがあります。また、グループの経済状況などによって使っているボールは異なるものです。

なので一概に「これが良い!」と断言できるものではないのですが、状況別のお勧めであればいくつか候補を挙げることも出来ます。

あくまで管理人がこれまでのテニス経験から得てきた知識の範囲となってしまいますが、どのボールがお勧めなのかを語ってみようかと思います。

【パターン.1】 安いけど良いボールを探している場合

一般のテニスサークルなど、いわゆる「普通の経済状況」のグループの人たちの練習用ボールとして求められるのは「安くて打球感が良いボール」だと思います。それを求めた場合に、個人的にお勧めなのがこちらの3つです。

個人的に好きで使っているのは「ダンロップ セントジェームス」です。何故か私はこのボールを使うと試合で調子が良いため、ボール調達の際に優先的にこのボールを選んだりしています。皆、ゴメン・・。

ダンロップ セントジェームスは基本的に人気が高いボールとして注目を集めています。打球感が良いのにとても安いため、楽天のテニスランキングでも常に上位に入っているボールです。人気、質、低価格と三拍子揃っているので、これを選んでおけば間違いないと思います。

ブリジストン NX1はセントジェームスよりも少し高めの価格ですが、フェルトの持ちが良く、耐久性はけっこう高めです。ニューボールをあまり開けたくない節約グループにはかなりお勧めとなるでしょう。打球感は少し固めですが、使っていくうちに好きになる人はけっこういます(管理人調べ)。

ウィルソン チャンピオンシップ・エクストラ・デューティはとにかく安いです。が、打球感は悪くないのですが耐久性がイマイチなため、週1~2回程度の活動をしていて、毎回ニューボールを開けるグループに向いています。

【パターン.2】 少しでも質の良いボールを使いたい場合

お金はかかっても良いから、少しでも質が良いテニスボールで練習&試合をしたいという人にお勧めなのがこちらの3つです。

どのボールもかなり良い打球感を持っており、上級者の練習用としても最適です。どのボールが良いかは人それぞれの感覚で異なりますので、それぞれを打ってみて決めてみるのが一番かと思います。

また、これらは高い頻度で大会公認球(指定球)となっています。テニスボールはそれぞれ打球感やバウンドの高さ、スピンのかかり具合が異なるため、感覚を狂わせないためにも出場予定の大会の指定球で練習を行う必要があります。

なので、頻繁に大会に出場する場合は、大会ごとの指定球を購入して練習球にしていくのがベストの方法になるでしょう。

ちなみに管理人は基本的にこの3つのボールは価格が高いのであまり使いませんが、使った時の打球感としては「ブリジストン XT-8」が一番好きかも知れません。

【パターン.3】 ボールに質を求めない場合

とにかく打てればいい、打球感はあまり気にしない、上手くないけど友人たちとテニスを楽しめれば良い!という人にお勧めなのがノンプレッシャーボール。

上で挙げているのは全てプレッシャーボールで、長持ちはしないけど打球感が良いという特徴を持っています。

ノンプレッシャーボールはその逆で、打球感はイマイチだけどかなり長持ちするのです。

そしてノンプレッシャーボールの中でお勧めはこのボールです。

私自身あまりノンプレッシャーボールは使わないのですが、たまたま隣のコートから飛んできたブリジストン NPを打った時の感触が予想外に良かったので、このボールだけは練習球として採用しています。今では球出し練習の時には最適のボールとなっています。ラリー練習や試合の時には使いませんが。

正直、打った感触は固くて飛びやすいので良いとは言えないのですが、使用しているうちにボールが慣れてきて、結構いい感じに打てるようになってきます。

それにプレッシャーボールと比べると格段に長持ちするので、経済的にもお得なボールなのです。試合の時はダンロップ セントジェームスを使い、球出し練習の時はブリジストン NPを使うなどの使い分けをすれば、かなり効率よくテニスをやっていけると思います。